奈良教育大学先導理数プロジェクト Advanced Education of Science and Mathematics
 
MAIN MENU
ACTIVITY
REPORT
TODAY'S SCHEDULE
予定なし
SEARCH
WEBMASTER
松山 豊樹 (プロジェクト代表)
伊藤 直治

奈良教育大学
ウィンタースクール2008 イン 曽爾

先導理数プロジェクトでは、「ウィンタースクール2008 イン 曽爾」を開催しました。曽爾中学校において先導理数1回生・2回生が協力して理科実験・数学実験を行いました。曽爾中学校の生徒に理科・数学を楽しく学んでもらえるよう工夫を凝らした実験で、充実した1日を過ごすことができました。

    

「金属樹」

金属の欠片から何かニョキニョキ生えてきたぞ!!溶液に溶けている金属が結晶化して出てくるときに、樹木のような形で結晶化されたものを金属樹と呼びます。今回の実験はこの金属樹を観察し、学びました。

    

「カメレオンエマルション〜振ったら色が変わる面白実験〜」

家庭にあるサラダ油にある液体を注ぎ、ビンを振ると色が変わりました。しかし、ビンを置いておくと元に戻ります。これをカメレオンエマルションと言います。この不思議な変化をみんなで楽しみました。

    

「みんなで大豆から作ろう!豆腐作り!」

日常で食べているお味噌汁に入っている豆腐は、どのようにして作られているのでしょう。大豆で作られていることは知っているけれど、大豆からどうやって作られているかは知らない。だから、今回、一緒に豆腐作りをして、豆腐のでき方を学びました。

    

「身近なもので電池を作ろう」

苦手な人が多い電流の実験をしました。普段は何気なく使っているいろいろな物で電気を実際におこして電池とは何なのかを考えました。身近にあるもの(木炭やレモン、アルミホイルなど)を使って電池を作ることによって、電池の仕組みを理解しました。

    

「数学で遊ぼう」

普段、学校等で学ぶ数学とは少し違った数学で、楽しく遊びました。ハノイの塔と多面体を題材に数学を一味違った方向から見てみました。

    

「巨大シャボン玉に入ろう!」

一度はみんなが遊んだことのあるシャボン玉を化学の視点から見てみました。巨大シャボン玉の他にも、シャボン玉を使って遊びながら楽しく勉強しました。

    
プリンタ出力用画面

Copyright (c) AESM Project Team, Nara University of Education. All Rights Reserved.