奈良教育大学先導理数プロジェクト Advanced Education of Science and Mathematics
 
MAIN MENU
ACTIVITY
REPORT
TODAY'S SCHEDULE
予定なし
SEARCH
WEBMASTER
松山 豊樹 (プロジェクト代表)
伊藤 直治

奈良教育大学
カワサキワールド・川崎造船 現場体験実習

平成17年度から開始した奈良教育大学の教育改革プロジェクト「新世代を先導する理数科教員養成のための教育プログラムの開発」(略称:先導理数)の2回生前期展開科目「先導理数教育機廚亮業の一環として、カワサキワールドおよび川崎造船で現場体験実習を行いました。特に川崎造船では、普段中々見ることの出来ない造船の現場を見学しました。コーディネート・案内役を奈良市立一条高等学校数理科学科学科長の犬伏雅士先生にお願いしました。学校教員の生徒引率のあり方等も、この現場体験実習と合わせて実地に学ぶことができました。

カワサキワールド川崎造船

       
(左)神戸海洋博物館の外観。カワサキワールドはこの中にあります。
(中)ヒストリーコーナー。豊富な写真で、造船業から総合重工業へと発展した1世紀以上にわたる川崎重工グループの歴史が紹介されていました。
(右)大型の川崎バートルkv−107況織悒螢灰廛拭爾亮楕を展示してあり、操縦室と客室内部を見学することが出来ました。

       
(左)人間型ロボットの腕に見立てた2台の産業用ロボットが、ルービックキューブに挑戦するところを見学できました。
(中)多彩な製品群がダイナミックな音と6つの大画面映像で紹介されていました。
(右)川崎造船では、進水式前の船を見学させていただくため、事前に防護用のヘルメットや作業衣をお借りして身に付けました。造船現場は撮影禁止でした。

プリンタ出力用画面

Copyright (c) AESM Project Team, Nara University of Education. All Rights Reserved.